愛の証

野菜

冠婚葬祭における結婚指輪他身につけるジュエリーのルールについて説明します。
そもそも、ルールがあるのかという話ですが、あります。
マナーと言い換えてもいいです。
マナーはルールほど厳守すべきものではないかもしれませんが、社会人たるもの身につけておきたい事柄ですから、知っておくに越したことはありません。
では、まず、冠婚葬祭にて身につけるジュエリーに共通しているマナーから説明します。
実は、あまり華美ではない物が望ましいというルールがあります。
お葬式や告別式など喪に服すべき場で華美な物がふさわしくないのは当然のことです。
ならば、結婚式のように華やかな場で華美ではない物が望ましいというのはどういうことかというと、結婚式の主役は花嫁さんであって招待客ではないからです。
もちろん、自分が花嫁となる結婚式ではこの限りではなく、好みのジュエリーを身につけて大丈夫です。

さて、喪に服すべき場であるお葬式や告別式で華美な物がふさわしくないというのであれば、ジュエリーを一切身につけないほうがいいのではとも思えますが、日本では女性が黒真珠のイヤリングないしピアス、そして、ネックレスを身につけるのが一般的です。
また、黒真珠ではない物でも結婚指輪のような普段から身につけているジュエリーをつけていくのはマナーから逸脱していないと言えます。
しかしながら、結婚指輪が非常に目立つデザインということであれば、身につけないのが無難です。
婚約指輪によくある立て爪タイプの指輪もNGです。
冠婚葬祭の葬に当たる場ではダイヤ等の宝石自体をNGだと考える人もいます。
普段から片時も離したことがないというようなどうしてもはずしたくない理由がある場合は、石のある側を手の甲側ではなく手の平側にして人目につきにくくするという手があります。
冠婚葬祭のどれに出席するとしてもマナーを逸脱していないジュエリーがひとつあると便利です。